すそワキガの原因が詳しく知りたい

すそワキガという言葉は知っていてもその原因まで詳しく知っている人のほうが少ないのではないでしょうか。そもそもどうしてすそワキガになるのか詳しい原因を再度おさらいしてみましょう。

 

 

■すそワキガの原因とは?

私たちが汗と呼んでいるものにはアポクリン腺とエクリン腺があります。腺の本数すら違うものの誰でも持っているものです。

 

すそワキガの原因となるのはアポクリン腺でタンパク質や糖質、鉄分、アンモニアなのさまざまな成分がふくまれています。それに対しエクリン腺は少量の塩分をふくみほとんどが水分でできています。

 

このアポクリン腺は本来であれば無臭です。よく汗が臭いといったイメージをもたれがちですがほとんど細菌が原因となりすそワキガ臭を発生させているのです。

 

アポクリン腺から分泌した汗がエクリン腺と混ざり、雑菌が繁殖することで低級脂肪酸やアンモニアなどの強いすそワキガ臭を発生させる原因をつくりだします。特にこの汗腺を好んで食べるコリネバクテリウムが繁殖する時にすそワキガのニオイを発生させているのです。

 

 

■すそワキガの原因アポクリン腺は人によって違う?

そもそもすそワキガの原因となるアポクリン腺の量はすべての人が同じ本数を持っているわけではありません。個人差があり本数が多い人もいればほとんどない人もいます。これは両親からの遺伝的な要素も多く、親のいずれかがすそワキガだと子供に遺伝します。

 

このアポクリン腺はわきだけでなく、乳頭やおへそ、陰部などのさまざまな場所に存在しています。アポクリン腺が多い人がすそワキガ体質といわれています。

 

もともとすそワキガ=フェロモンであり動物だった時に異性のニオイで相性を見極めていた時代のものが今も名残として残っているのです。そうはいってもすそワキガのニオイは独特なので気になる人もいるでしょう。

 

「まわりから臭いと思われていないかな?」などと心配になるのも当然です。日本人は欧米人と比べてもすそワキガの人が圧倒的に少なく、たった1割程度でしかありません。

 

自分がすそワキガかも?と思っている人はすそワキガ対策をきちんとおこないエチケットには十分注意しましょう。

 

 

すそワキガというと汗が臭っているように感じてしまいがちですが、細菌が繁殖しないようにきちんと対策ができていればアポクリン腺が多い人でもあるていどニオイを防ぐことができるのです。体質だから、遺伝だからと諦めてしまう前に雑菌が増えにくい対策をして、すそワキガで悩むことのない日常生活を手に入れるようにしましょうね。